JICA国際理解教育/開発教育指導者研修 参加者募集

JICA地球ひろばが主催する、日本国内の教員向け「国際理解教育/開発教育指導者研修」の募集が7月7日まで行われている。今年の研修テーマは「教室から世界へ『持続可能な社会の創り手』を育む授業実践-世界の課題・多様性をジブンゴト化-」。

募集ポスター

新学習指導要領において「持続可能な社会の創り手」の育成の重要性が明記され、教科書にSDGs(持続可能な開発目標)が掲載されるようになった。子供たちは未来に起こるさまざまな変化や、社会の多様性を柔軟に受け止め、その解決に向けて、自ら考え、行動する力を身に付けることが求められている。

研修では教室の中のマイノリティー、日本で暮らす外国人、新型コロナウイルス感染症といった世界と地域の課題について取り上げる。子供たちがそれらの問題を自分ごととして捉えられるような授業実践のさらなるレベルアップに取り組む内容となっている。

研修は前半と後半に分かれており、前半は8月1日と8月21日、オンラインで実施予定。新学習指導要領や教材・素材の使い方、ワークショップ学習指導案骨子についての意見交換などを行う予定。

後半は、来年2月5日と6日に、JICA市ヶ谷ビル内会議室での1泊2日の対面研修を予定(状況に応じ、オンライン研修に変更する場合有り)。授業実践報告や、国際理解教育・開発教育の普及、促進に向けた意見交換などを行う。

募集人数は約20人を予定。募集の締め切りは7月7日。開催概要の詳細や、応募方法、過年度の研修の様子などについては、JICA地球ひろばのHPを参照。