「子どもの学び・育ちの見える化」研究会を発足 玉川大

玉川大学はこのほど、ICTを活用して保育活動の「見える化」を推進する、「子どもの学び・育ちの見える化」研究会を、三井情報㈱と発足した。

同研究会は、(公社)全国私立保育園連盟(小林公正会長)の協力を受け、玉川大学の大豆生田啓友教授(教育学部乳幼児発達学科主任)、若月芳浩教授(教育学部乳幼児発達学科)が中心となって、保護者団体や行政官庁などの助言のもと活動し、子供の健やかな成長と学びのため、保育の質向上を目指す。

同研究会では、写真付きで保育時のエピソードを記録し、園と保護者で共有する「ドキュメンテーション」をICT化することで、保育活動の「見える化」を実現。ICTを活用することにより、園側に負担を極力かけずに保育活動を「見える化」し、保護者は子供の園での活動を通した成長の過程をより理解できる。

また、保育者は自らの保育を振り返り、子供の「今」の興味や探究心、意欲などを捉え、子供が主体的に学び・育つ保育を実践できる。

同研究会でのドキュメンテーション作成には、三井情報が提供する総合保育連絡アプリ「きっずノート」を使用。「きっずノート」は、従来は紙を使っていたお便りや掲示板、連絡帳のほか、緊急時などのメール配信も含め、園と保護者の様々な連絡をひとつに集約し、スマホやパソコンでやりとりできる総合連絡ツール。

既にドキュメンテーションを実施している園に「きっずノート」を導入し、「きっずノート」によるドキュメンテーションの作成・共有を行うことで、どのような効果が得られるか検証する。その後、その他の園においても負担をかけずにドキュメンテーションを実践可能にするガイドラインを策定し、普及に繋げていく。

同研究会は、来年3月を目途にガイドライン第一版を策定し、その後、協力園にて検証を行い、検証結果を順次反映していく予定。