林文科相が再任の抱負 「諸政策をしっかり推進したい」

再任の抱負を語る林文科相
再任の抱負を語る林文科相

林芳正文科相は11月2日、文科省で閣議後会見し、第4次安倍内閣での文科相再任の抱負として、「各分野の諸政策をしっかり推進したい」と述べた。また同日の閣議では、教育・文化担当として丹羽秀樹文科副大臣、宮川典子政務官の再任も決まった。

会見で同相は就任後のこの約3カ月間を振り返りつつ、あらためて、「進行中の多様な政策をしっかり進めるのを大事にしたい。喫緊の課題では、安倍首相から託されている人づくり革命を、人生100年時代構想会議の副議長という立場で検討を深めていきたい」とした。

また、「教育、科学技術、文化、スポーツ、それぞれの分野でも課題を抱えている。各分野の諸政策をしっかり推進したい」と語った。