身近な水を調べよう 水質パトロール隊を募集

「私たちの周りの身近な水を調べよう」と愛知県は、県内の小・中学生に、川の水の汚れ具合や水辺の生きもの調査などを行う「水質パトロール隊」への参加を呼び掛けて、パトロール隊の募集を始めた。

参加者は、県から送られてくる調査マニュアルと検査キットを使って調査する。調査結果はレポートにまとめて提出し、優秀な活動を行ったグループを表彰。ウェブページでも紹介する。

対象は、県内に住む小・中学生を中心に構成しているグループ。グループには1人以上の成人の指導者が必要。

参加申し込みを受け付け後、県が配布する「水質簡易測定試薬(CODパックテスト)」や子供たちが手づくりする「透視度計」などを用いて、川の汚れ具合の調査や付近の生きものの観察などを行う。

10月中旬までに、子供の視点でのレポートを作成して県に提出する。

優秀な活動を行ったグループや長年連続して行っているグループには、知事表彰等が行われる。

募集は6月30日まで。

応募方法は、▽グループ名▽参加形態(学校・家族・地域・その他)▽参加人数(指導者、小・中学生)▽指導者名、住所、電話番号、FAX番号、Eメールアドレス――を記入し、郵送かFAXかEメールで申し込む。

申し込み先は、愛知県環境部水地盤環境課または指導者の居住地の市役所・町村役場の環境担当課。

応募ちらしは、名古屋市中区にある「あいち環境学習プラザ」や県内図書館に設置。同県ウェブページからもダウンロードできる。

「水質パトロール隊事業」は平成10年度から実施。昨年度は45グループの1411人が参加した。

申し込みと問い合わせは、同課調整・生活排水グループ/℡052(954)6219。FAX052(961)4025。Eメールmizu@pref.aichi.lg.jp