5つの資質でオリパラ教育 小中など136校園を顕彰

東京都教委は、優れたオリンピック・パラリンピック教育を行っている学校や園を、オリンピック・パラリンピック教育アワード校として顕彰する。小学校83校や中学校34校など、計136校がこのほど選ばれた。

顕彰は、オリパラ教育の一層の推進に向け、取り組みのさらなる充実や成果の普及啓発を行うのがねらい。育成すべき5つの資質ごとに顕彰され、今後、さまざまな取り組みを行っていく。

資質別では、①ボランティアマインド/25校②障害者理解/46校③スポーツ志向/19校1園④日本人としての自覚と誇り/16校1園⑤豊かな国際感覚/28校――。

顕彰校園は、「重点的に育成すべき5つの資質」の育成について、これまでの取り組みを一層充実させたり、他の資質の育成に新たに取り組んだりして、組織的・計画的にオリパラ教育を推進する。他にも▽取り組み成果を他校に普及啓発するための計画を立案し、都教委の承認を受けた後に実施▽大会組織委員会等の依頼に応じ、都の代表的な取り組みとして他県に内容を紹介――するなどの取り組みを行っていく。

校種別の内訳は、▽幼稚園2園▽小学校83校▽中学校34校▽義務教育学校1校▽高校7校▽養護学校1校▽特別支援学校8校――。
顕彰校一覧は都サイトに。