6人が新たにスーパーティーチャーに 佐賀県が認証

佐賀県教委は、今年度のスーパーティーチャー認証式を、このほど県庁舎内で行った。新たに6人が認証された。

6人は、県内の研修会講師を務めたり、他の教員への指導や模範授業を行ったりしていく。

この認証によって同県では、更新者を含めて計26人のスーパーティーチャーが活躍している。

新規に認証されたのは、▽福田美幸武雄市立北方小学校教諭(国語)▽久保明広鳥栖市立弥生が丘小学校教諭(体育・ICT)▽深川治孝神崎市立脊振小学校教諭(道徳)▽川原浩子佐賀市立春日北小学校教諭(外国語活動)▽四方康雄嬉野市立五町田小学校教諭(特別支援教育・通級)、▽川宏武佐賀県立佐賀西高等学校教諭(数学)。

スーパーティーチャーとは、教員としての高い専門性を示す実践的指導力を有し、児童生徒のために優れた教育活動を行う教員。同県の教育力向上のため、平成20年度から県教委によって認証されている。