現職研修のニーズ探る 東京学芸大から教員を長期派遣

教員養成系大学と教委との連携の一環として、東京学芸大学(出口利定学長)は、東京都教委に大学教員を定期的に長期派遣する新事業を、この4月から開始した。学校現場の動向を知るとともに、現職教員研修のニーズを探るのが目的。都教委にとっても初の取り組みとなる。

派遣されたのは、奥住秀之教授・学長補佐(特別支援科学講座)。期間は4月から約半年間を予定している。

同教授は派遣期間中、同教委による事業の企画立案・予算編成・教育課程への指導助言や学校訪問、人事管理、議会対応など、教委事務局の業務を体験し、学校現場の動きや現職教員の研修に必要な事柄の把握に努める。

同学では来年度以降も、前期に教員を派遣していく計画という。