公立小中1883校で入学式 前年比で児童生徒1760人減 東京都

n20170407_04入学式東京都では今年度、公立小学校1274校に児童9万7398人、公立中学校609校に生徒7万3924人が入学した。前年度比で、小学校は3校減で629人増、中学校は2校減で2389人減だった。合わせて、小・中学校5校減、児童生徒1760人減(2月10日現在、都教委調べ)。

そのうち、中学校の入学式が最も集中した4月7日には、23区25市4町4村5都立の591校に、合わせて7万2664人が入学。

小学校の入学式が最も集中した4月6日には、23区25市4町5村の1264校に、合わせて9万7127人が入学した。

今年度新設校の北区立滝野川もみじ小学校(南里洋子校長、児童386人/滝野川第六小学校と紅葉小学校が統合)では同日、開校式に続き、入学式を開催(写真)。同校長は、「『自分のことは自分でやる』『元気にあいさつする』『みんなと仲良くする』。この3つの約束を守って、明日から元気に登校してください」と式辞を述べた。

新1年生52人は、2年生から合唱や合奏などで歓迎を受け、満開の桜の中で、学校生活のスタートを切った。