巣立つ児童ら 東京都で公立小770校が卒業式

岩﨑校長から卒業証書を授与される児童
岩﨑校長から卒業証書を授与される児童

巣立つ児童への惜別の思い――。

東京都では3月24日、14区16市3町の公立小学校770校で卒業式が行われた。合わせて5万6085人の児童が巣立った。

杉並区立永福小学校(岩﨑義宣校長、児童560人)では、児童86人が、岩﨑校長から卒業証書を受け取った。

同校長は「悩み事が次々に登場するだろうが、スマイルできれば世の中なんとかなる。今日は出発の時。しっかり前を見据えて歩み出してください。卒業、おめでとう」と式辞を述べた。

児童らは「学校で学んだことを力に、明日への一歩を踏み出します」と力強く誓った。

都全体では今年度、小学校1280校の児童9万2060人、中学校614校の生徒7万7872人が卒業。前年度比で、小学校は11校減で1766人減、中学校は6校減で907人減だった。(2月10日現在、都教委調べ)