通常学級での発達障害児いじめ 中学校でからかい多い

宮城教育大学は、他の3大学と協働して「いじめ防止支援(BP)プロジェクト」を進めている。このほど、同学の研究テーマである「特別支援教育といじめ」に関する調査と経過を発表した。それによれば、中学校でのからかいが他校種と比べて多かった。

同学では、通常学級における発達障害児へのいじめ問題を研究。平成27年度に行った同児童に関するいじめの実態調査では、宮城県内の公立小・中・高校教員から、トラブルの状況やいじめられる子の特徴などを聞いた。

トラブルの状況では、「からかわれる」が小学校で22%、中学校で57%、高校で34%。「話している時に周囲の反応が素っ気ない」が小学校で26%、中学校で42%、高校で21%など。からかいや排斥、過剰な注意や叱責を受ける例が、特に中学校で多かった。

いじめられる子の特徴では、「自分からふざけて周りの子にちょっかいを出す」が小学校で52%、中学校で47%、高校で15%。「他の人の話を最後まで聞かずに発言したり行動したりする」が小学校で53%、中学校で46%、高校で22%などだった。衝動性が強くて多動な子がターゲットになっている。

学級内の周囲の子の反応では、「クラスでトラブルが起きてほしくないという思い」が、小学校で61%、中学校で70%、高校で43%。「特定の子が他の子に迷惑をかけていると思う」が小学校で38%、中学校で33%、高校で16%などの結果となった。トラブルの原因を特定の子に結び付けたり、トラブルから距離をとったりする反応が見えた。

教員が望む支援体制では、少人数学級や教員の増員、事務仕事の軽減など、子供に注ぐ目を増やす内容が多かった。

この他にも、同学では、発達障害児が学校や学級に適応するための有効な実践例などを研究している。いじめの被害者と加害者を含めた共生の学校環境の在り方を探る。

同プロジェクトで連携しているのは、同学と上越、鳴門、福岡の4教育大。