中学生と教職員への防災冊子を作成 横浜市神奈川区で

中学生向け防災ガイド
中学生向け防災ガイド

横浜市神奈川区は、「中学生向け防災ガイド」と教職員などへの「『防災ガイド』活用マニュアル」をこのほど作成した。生活の状況に応じた適切な初期行動パターンなどをイラストを使って説明する。

同ガイドには、次代を担う中学生に、自助と共助、双方の力を伸ばしてもらいながら、それぞれの取り組みの重要性を啓発する内容が盛り込まれている。

適切な初期行動のアドバイスでは、「家にいる時」「外出先」「夜間」「津波の危険がある」など、場面ごとにイラストを交えて解説する。

共助に向けて日頃から心がけたい取り組みでは、地域のイベント参加や登下校時のあいさつを指摘。中学生が助けられる人から助ける人になるための視点や取り組み例を示している。

同マニュアルは、教職員や地域の防災関係者に役立つ冊子。

自助と共助の視点を踏まえた防災教育の必要性を強調し、指導のねらいとポイントを説明する。過去の事例や具体例も挙げて分かりやすい内容を工夫した。

共助を実現するための「できますカード」の作成と活用例なども述べている。中学生が活動しやすい雰囲気作りが大事というアドバイスも掲げる。

その他、大規模地震の発生を想定した家族間の準備や確認事項、有事に有効な連絡手段も載せる。

両冊子の内容には、区内の地域防災拠点運営委員長や公立中学校教職員、神奈川消防署などの意見が生かされている。