(鉄筆)AI(人工知能)の教育利用が…

AI(人工知能)の教育利用が注目を集めている中で、11月9日に東京都内で開かれた「AI時代の教育を考える」と題するシンポジウム(一般社団法人デジタル教科書教材協議会主催)は、的確な現状認識と実現可能な未来志向を目指した内容のある催しとして評価されよう。

IT用語辞典によると、「人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム」で、その応用例としては、「専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある」という。

同シンポのパネリストは、最先端をいくAI関連の研究所の研究者や事業者で、AI研究の現況や教育活用の課題、可能性などを話し合った。その教育への活用例としては、「記述式問題の解答などには有効。教師の採点労力の軽減につながる」「算数や数学など積み上げが重要な学習では、個々の『つまずき』を明確化できるメリットがある」などが挙げられた。

この「学習上の『つまずき』の是正に役立てる」は、多くの教員に歓迎されるだろうし、新学習指導要領で重視されているアクティブ・ラーニングとも合致するのではでないか。

ただ、この「未来の教育」に大きな役割を担うとみられるAI(ロボット)は、あくまでもわき役に徹すべきだとの意見も聞かれた。その通りで、人間関係で成り立つ教育の主役は、「教師と子ども」であることに間違いはない。